大阪 梅田 オーラ チャクラ オーラ写真    


大阪 梅田 オーラ チャクラ オーラ写真のRising -ロゴ Rising 連絡先

オーラのあれこれ

1. オーラってなに?

オーラという言葉はさまざまに解釈されていますが、本質的には微弱電流です。体の周りを覆っている一種のエネルギーで、誰もが持っているものです。特別な能力のある人だけに備わっているわけではありません。
ただ、オーラには強さや大きさなどがあり、それはその人の心の状態や性質によって異なってきます。オーラの特徴は人によって違いますし、また、同じ人でも時期によって変化したりします。

2. 心身と連動するオーラ

人の体というものは突き詰めれば小さな粒子なので、周りを覆っているオーラも体の状態に連動して常にゆらゆらと揺れ動いています。そのときに陽の気と陰の気がバランスよく波打っていると理想的ですが、いつも揺れ動いているオーラは変化しやすいものです。オーラの状態が乱れがちなときは、その人の体や心に何か問題が潜んでいると考えられるでしょう。

3. 潜在意識を移す鏡

人には自分で認識できる健在意識と自分でもわからない潜在意識があります。自分でコントロールできない潜在意識は、育ってきた環境やこれまでの経験に影響を受けています。その自分でもわからない根底の意識をオーラは反映します。つまり、自分のオーラを知るということは、自分の本当の姿を写すということです。

4. オーラでわかる本当の心

たとえば、泣いている人の写真があるとしましょう。その写真を見て、その人が嬉しくて泣いているのか、悲しくて泣いているのか、確かなことは判断できないでしょう。しかし、オーラで見れば、その人が嬉しいのか悲しいのかわかります。人は自分の表情や見た目を作ることはできても、オーラをごまかすことはできないのです。

5. オーラをケアする

オーラは常に変化しています。だからこそオーラはいい状態に変えていくこともできるのです。そのためには心身のバランスをよくすることが大切です。そして心身を向上させるために、今の状況をどう改善していくかを考える必要があります。これからの未来のためにオーラの現状を確かめてみませんか。

6. オーラで相性判断

ゆらゆらと動いているオーラには波動のリズムがあります。一緒にいて何となく落ち着く人はオーラの波動が合っている人で、オーラの色彩も似ています。逆に肌が合わない人というのはオーラでも相性がよくないものです。また、オーラは影響し合うので、二人でいることによりオーラが独特の変化をすることもあります。

 

チャクラ

 

1.チャクラってなに?

人の体には背骨の基底から頭にかけて、体の中心線に沿って7つチャクラがあります。下部から順に第一チャクラ、第二チャクラ、そして頭上が第七チャクラとなり、それぞれがオーラと同じように独自の意味があります。エネルギーの出入り口であるチャクラは円形で常に回転していますが、その人の状態により形や大きさなどが違ってきます。

2.セブンチャクラ

7つのチャクラにはそれぞれ主となるカラーがあり、出入りするエネルギーの特徴が異なります。
・第一チャクラ(ルートチャクラ) 背骨の末端にあり、伝統的な色は赤。活力や情熱など原始的な生命エネルギー。
・第二チャクラ(セイクラルチャクラ) おへその下にあり、伝統的な色はオレンジ。創造や性的な魅力などの力強いエネルギー。
・第三チャクラ(ソーラプレクサスチャクラ) みぞおちの辺りにあり、伝統的な色は黄色。意志や思考などに関係するエネルギー。
・第四チャクラ(ハートチャクラ) 心臓近くにあり、伝統的な色はグリーン。愛情や成長などの感情的なエネルギー。
・第五チャクラ(喉のチャクラ) 喉にあり、伝統的な色はブルー。話すことや歌うことなど自己表現につながるエネルギー。
・第六チャクラ(第3の目チャクラ) 額の中央にあり、伝統的な色はインディゴ(藍色)。透視力や心理など直観的なエネルギー。
・第七チャクラ(クラウンチャクラ)頭上にあり、伝統的な色は紫。自我を超える霊的なエネルギー。

3.チャクラの機能

私たちは口や鼻で空気を取り入れたり出したりします。それと同じようにチャクラはエネルギーを出入りさせる重要な機能を持っているのです。かぜを引いて鼻がつまったり喉がはれたりすると体が苦しくなるように、チャクラの状態がよくないと変調をもたらします。チャクラが止まってエネルギーを停滞させてはいけませんし、反対にエネルギーを必要以上に取り入れるのも危険です。また、チャクラの場合はそれぞれ違うエネルギーに相当しているので、すべてが順調に動く必要があります。7つのチャクラのうち6つがよくても、残り1つに問題があればよくありません。どれかのチャクラに問題があるからといって、他のチャクラがその役割をカバーすることはできないのです。

4.オーラとチャクラ

人に必要なエネルギーはチャクラを通して入ったり出たりし、その量や質はオーラの状態に影響します。チャクラが正常に回転しないとエネルギー不足を起こし、心身に不調が表れ、結果としてオーラの勢いの弱さにもつながります。これは、お水をあげないと植物が枯れてしまうのと似ています。体の健康維持を気にする人は大勢いますが、チャクラの健康も心身にとって大切なことなのです。

5.チャクラの調整

エネルギーが順調に流れているチャクラは回転がスムーズで形もきれいです。逆に心や体の健康状態に問題があると、そこに関連するチャクラのバランスが崩れていたりします。しかしチャクラはエネルギーワークで整えることが可能です。チャクラの状態を確認後、調整を希望される方には施術を行います。チャクラとオーラは連動しているので、バランスを整えておくことをおすすめします。チャクラから新鮮なエネルギーを取り入れて、体の芯からわいてくるような元気を感じてください。
チャクラ1

身体には4つの基本的なエネルギーが必要です。
1.成長のための食べもの
2.代謝のための水分
3.呼吸のための空気
4.電気エネルギーまたは火のエネルギー

栄養不足やその他のトラブルによりチャクラエネルギーが
枯渇したり、濁ったりすることがあります。
チャクラを最善の状態にもっていくことで、他人からエネルギーを奪われず
自分自身を守ることができます。

チャクラ2

チャクラは、基底のチャクラより宝冠のチャクラまで
頭の上から地面まで身体のまわりに卵型似コートしています。

今の自分のオーラとチャクラの状態を知ることでオーラに上品さと色の輝きをまし、その人の出せる限りの可能性が表にあらわれます。

Rising(ライジング)
〒 530-0012 大阪市北区芝田2-6-30 梅田清和ビル8F
TEL.06-6485-5151
11:00〜20:00 (19:00 最終受付)
休業日/日曜
Copyright (C) 2012 Rising All Rights Reserved.